バイナリーオプションに向いている人


バイナリーオプションでの投資の仕方

多くのバイナリーオプションでは通貨を銘柄にしており、外国為替市場の為替レートの変動を利用して投資取り引きを行っています。

バイナリーオプションにはいろいろな取引ルールの種類がありますが、もっともポピュラーな取引ルールは「ハイ&ローオプション」と呼ばれているもので、たとえば、現在1ドル110円で取り引きされている為替レートが、2時間後には1ドル120円よりも上になっているか、下になっているか、という事を予測し、チケットというものを購入する形で投資を行っていきます。

予測が当たれば、投資したチケットに応じた配当金が支払われて利益になり、予測が外れればチケットが無効になるため、投資した資金が失われて損失になります。

この二者択一のわかりやすくシンプルな取引ルールと、投資を行うチケット代の価格設定が数百円から千円程度となっているために、少ない資金でも投資が行えるという小回りの良さから、あまり投資取引をしたことがない初心者の投資家を多く引き込んで人気を集めています。

なお、このチケットは一枚の値段なっているため、例えば自分の見立てた為替レートの予測に自信があるような場合には、たくさんのチケットを購入することでより大きな利益を得ることができます。
もちろん、為替レートの予測に自信がない場合は、チケットの購入枚数を調整したり、もしくは投資取引そのものに参加しないことで、損失を小さく抑えることも可能なのです。

払い戻しをされる配当金については、定額制になっている場合と、ペイアウト倍率をいうものがあらかじめ決められている場合とがあります。
ペイアウト倍率というのは、チケット一枚に対しての配当金の倍率を示しており、予測が当たれば、購入したチケットにこのペイアウト倍率を乗じたものが配当金になる仕組みです。

ペイアウト倍率の設定はバイナリーオプションの取引業者や参加する取引きのルール設定によっても様々な違いがあるのですが、より予測の難しいものほど高い倍率になっていることがほとんどです。
例えば、これから24時間の間に、現在1ドル110円の為替レートが、1ドル105円から115円の幅から出ずに収まり続けられるか、というような困難な達成条件の場合などには、高いペイアウト倍率が設定されることになります。
このほかにも、外国為替市場で取引量の少ないマイナーな通貨の為替レートなどは、その値動きは非常に激しくなることが多く、高い倍率のものが用意されていることもありますので、こうしたものを上手に使い、しっかりとした予測を立てていく事で、より積極的に利益を求めていく事が可能なのです。



 
 

ユーロドル

ユーロドルは、やっと5月中旬になって下げ傾向となってきました。IMMのポジションも2月前半以来の売り越しです。でもRSIが下でへばりついていて、ちょっと売りでついていくのは怖いです。一旦買い戻しがあったところで、売りから入るのが良いのではないでしょうか。

それにしても、このユーロの数か月の上げは何だったのでしょうか。とても不思議です。また、1,000ポイントぐらい下がって行くのを期待したいと思います。その方がドイツも輸出でうれしいでしょう。